針山地獄からこんにちは

着物縫ってます。宇宙行って無重力ファッションショーしたいです。

殺すしかない、と言われる人

 半幅の独鈷模様の博多帯がかわいいなと思い、ちょっとお出かけついでに見かけた呉服屋さんに寄ってみました。半幅帯の棚を見ていると店員さんが「何かお探しですか」と声をかけてきたので一応聞いてみるかと思い「博多の半幅はありますか」と聞いたところ、「半幅はありませんが半幅でない博多ならこちらに」と言って案内されそうになったのでびっくりしました。半幅っつってんじゃん、人の話聞いてる?日本語大丈夫?

 いや半幅探してるんでと断り、さっさとお店を出て来ましたが、こんな対応をする店員というのは初めて遭遇しました。有名な名言ではありますが、無能な働き者は殺すしかないというあれですね。この店員はまさしく無能な働き者です。

 探しているものが店にないことはありますが、他の店舗の在庫を確認しましょうか、とか仕入れたらご連絡しましょうか、とかいう対応をして下さったりします。こういう人は有能な働き者なのでしょう。そうでなければ、置いてないです、すみませんと言って下さいます。こういう人は無能な怠け者でしょう。もしくは在庫の確認などが面倒なのであえて無能なふりをしている有能な怠け者でしょう。こういう方々は例の名言によると生きていていいようです。

 無能な働き者は人の言っていることをガン無視して勝手なことをするというのは本当ですね。イラッとしました。たしかに戦時中なら殺したくもなるだろうなと納得した出来事でした。日本は今日も平和です。

 

糸之舞(しのぶ)

お読み頂きありがとうございます。 ランキングに参加しています。クリックで応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村