針山地獄からこんにちは

着物縫ってます。宇宙行って無重力ファッションショーしたいです。

アマテラス

 我が国の祖神は太陽神である天照大御神ですね。一般的には女神とされることが多い神様です。パズドラのアマテラスもかわいい女の子ですね。結構好きです。使いこなせませんでしたけど。

ですが神話の中ではアマテラスの性別については明記されておらず、ゆえに男神とする説もあるのだと最近知りました。根拠となる記述は色々あるそうですが、ひとつにはアメノウズメの裸踊りにつられて天岩戸から出て来たのはスケベ心のせいだろう、だから男だということらしいです。なるほどと思ってしまいますね。

一方女神とする根拠は、こちらも諸説あるのですがひとつにはアマテラスが天岩戸に隠れるきっかけとなったスサノオのいたずら、機織りの巫女を驚かせて殺してしまった事件の時にアマテラスも機織り部屋にいたことから、機織り部屋で仕事をしていたのだから女だろうということだそうです。機織りは古来女性の仕事ですね。

男か女かについては、古事記日本書紀を編纂した先人達がはっきりさせておいてくれなかったので本当のところは分かりませんが、女神説の根拠となるこの記述をもって、アマテラスを衣服の神とみなすこともできるのだそうです。アパレル関係の方はアマテラスを信仰するのもよろしいのだとか。神社側のステマでなければ御利益があるかもしれません。

先人達が何を思って、天に輝く太陽と衣服とを結びつけたのかは分かりません。空を見上げて、人智を超えた存在について語っているうちに、なんとなくそういうことになったのかもしれません。私は神話に詳しいわけでも宗教に興味があるわけでもないですが、空を見上げて色々なことを考えるのは好きなのです。

未開人は天の世界を語る神話を持たないのだそうです。食料の確保や生存競争など、地上で起こる様々な危険に対処しなければならず、空を見上げる余裕がないからです。人類が空を見上げる余裕ができたのは文明が生まれてから、知恵でもってあらゆる危険にある程度対応できるようになり、未開人ほど身の危険がなくなってからです。空を見上げるのは本来とても贅沢な行為なのですね。私が宇宙でファッションショーをしたいというのも、空を見上げて贅沢な時間を過ごしているうちに考えたことです。こんな私の贅沢な時間の結晶とも言える思いつき、実現すればきっと文明人の皆様に喜んでいただけると存じます。喜んで下さらない方は未開人です。

文明を進めるために私は空を見上げます。イソップ物語で、空を見上げて歩いていて井戸に落ちた天文学者の話がありましたね。井戸のそばを通りかかった人は、君は天のものばかり見て、地上のものをみようとしないんだねと言ったそうですが、私もどこかへ落ちるのかしら。私がどこかへ落っこちたら、イソップ物語みたいなつまんないこと言わずに助けて下さいね。

 

糸之舞(しのぶ)

お読み頂きありがとうございます。 ランキングに参加しています。クリックで応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村