針山地獄からこんにちは

着物縫ってます。宇宙行って無重力ファッションショーしたいです。

気楽な着物

 フリマアプリで洗い張りの反物を買いました。洗い張りのいいところは、中古とは言っても一度ほどいてきちんと綺麗にしてくれているところですね。日本の素晴らしき風習です。ですがせっかく綺麗にしても仕立て直すのが面倒なのか、そのままにされているかわいそうな反物も多々あるものです。そういった反物をもてあましている方と、私のような和裁勉強中の者を結び付けて下さるありがたい存在がフリマアプリです。昨今のフリマアプリはすごいですね。着物や反物だけではなくて洗い張りやハギレまで驚くほど充実しています。和裁をされる方に限らず、手芸がお好きな方なら洗い張りや新古品の反物をご覧になってみたら、いい材料に出会えるのではないかしら。面白い色や柄のものがたくさんございます。

 私も写真で見て一目惚れした洗い張りの反物を買いました。四季折々の花が綺麗な赤色で描かれた縮緬です。小柄な方がお召しになっていたのでしょうか、測ってみると160㎝の私には少々小さい気がする長さでした。うち揚げを結構な長さとっていた形跡があるので、私はうち揚げなしで寸法をとりなおし、身頃の部分はあるだけの丈いっぱいで縫いました。問題は衽です。衽には揚げがありませんでしたから、帯で隠れる部分に足し布をすることにしました。業界用語ではどぶを入れるなんて言うらしいですね。なぜどぶなのか、語源を調べてみようと思いましたが結局わかりませんでした。ご存知の方いらっしゃいましたら教えて下さいな。

 仕上がりはこんな感じです。中途半端な大きさの新モスがあったので利用しました。

 

f:id:roneve27:20180924022004j:plain

 裏の布端はロックミシンでざざっと。適当です。

f:id:roneve27:20180924021930j:plain

 

 帯を締めるとこんな感じです。足し布はちゃんと隠れます。今回は衽だけにどぶを入れましたが、うち揚げを伸ばしても足りない場合は身頃にもどぶを入れるそうですね。身頃にもどぶを入れればおはしょりを作れたかもしれませんが、面倒なので入れませんでした。おはしょりがなくても柄が派手なのでぱっと見では分からないだろうと思い、対丈で着ることにしました。どうせ中古なので楽に着てしまいます。

 

f:id:roneve27:20180924022025j:plain

 後ろはこんな感じ。リバーシブル半幅帯を風船太鼓結びにしました。ちょっと形が悪い。今度はもう少しうまく作れるようにしよう・・・

 

f:id:roneve27:20180924022052j:plain

 対丈といえば男の着物で、女の着物はだいたいおはしょりがあるものですが、別に女の人が対丈で着ちゃいけないという法があるわけではありません。礼装なんかですと対丈だと少々見栄えが悪いかもしれませんが、しょせん中古の普段着だしと思えばそんなに気にもなりません。そして仕立てるときもあまり神経質にならずに縫うことができます。いつも適当に縫い物をするというわけにはいきませんが、たまにはこういう気楽な仕立てもよいものですね。フリマアプリさまさまです。

 

糸之舞(しのぶ)

お読み頂きありがとうございます。 ランキングに参加しています。クリックで応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村