針山地獄からこんにちは

着物縫ってます。宇宙行って無重力ファッションショーしたいです。

食戟のソーマを見習え

 宇宙で着物ファッションショーもしたいのですけれど、私にはもうひとつやりたいことがございます。「食戟のソーマ」という料理漫画をちょろっと読んだのですけれど、それの主人公の幸平創真がライブクッキングをやる場面がよいのです。作る過程を一種のショーとして見せることで、食べる人間の期待感を高めるというものです。もちろん漫画なので(私はアニメでも見ましたが)オーバーな表現なのですがやはり面白いのです。面白いは正義です。

 漫画でなくても、ステーキハウスで目の前で焼いてもらう、お寿司屋さんで目の前で握ってもらう、バーでカクテルを作ってもらうなど臨場感のある食の楽しみというのは沢山ございます。お裁縫でもこういう臨場感のある楽しませかたというのを何らかの形でできたらいいなと思います。ライブクッキングならぬライブソーイングです。

 しかし人に見せるために縫おうと思って意識し始めると難しいものですね。私は少し踊りを嗜んでおりますので、人前での自分の見せ方だとかパフォーマンスとかそういったものは多少分かるつもりでしたが、なかなか物を作りながら人に面白がってもらうというのは違う難しさがあるものです。人前で料理をするプロの方というのはすごいですね。

 たまに匠の技実演!みたいなのをやっているのを見る機会もありますが、ああいう方たちは別にショーを作り上げようとかいう気持ちでやっているわけではないと思います。もちろん作るのが本業ですからそういうものなのでしょうけれど。見てればこうやって作っているのか、なるほどと思うこともありますし、勉強になることもあるのですが、エンターテインメント性という点ではどうかと思うことも多々あります。中には喋りがおもしろいとかそういう職人さんもいらっしゃって感動するのですが、はっきり言ってつまらない実演もあるのです。じゃあ私がどう面白くするんだと言われるとまだよく分かりませんが、何かやりたいのです。料理人がフライパンから火柱上げたり、カリスマバーテンダーが酒の瓶ぶん回したり色々努力なさっているのですから、何か面白いことをやりたいのです。もちろん針投げたりアイロンを振り回したりというわけにはいかないでしょうけれど、私は基本派手好きなので何か派手なことをやりたいと考えてしまいます。もちろん安全第一ですけれど。

 何か思いついたら、そのうち実験的に動画を撮ってどこかにUPするかもしれません。早く思いつかないかしら。でもこういうのは焦ったからと言って思いつくものではなし、日々考え続けることに尽きます。思いついた暁には、面白がっていただければ幸いでございます。

 

糸之舞(しのぶ)

お読み頂きありがとうございます。 ランキングに参加しています。クリックで応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村