針山地獄からこんにちは

着物縫ってます。宇宙行って無重力ファッションショーしたいです。

損得勘定と着物

 先月から縫っていた絽の着物が仕上がりました。これは去年のセールで盛夏の季節が過ぎて安くなっていたのを手に入れておいたものです。

結構いいお色でしょ。

 

f:id:roneve27:20180703092813j:plain

着るとこんな感じ。

f:id:roneve27:20180703093047j:plain

後ろはこんな感じです。

f:id:roneve27:20180703093124j:plain

反物代4000円、お仕立て代0円也。自分で縫えばお金がかかりません。こういう時は針仕事が苦にならない性分に生まれてよかったなと思います。上手下手はともかく、自分が得した気分になれるというのがよいのです。

 しかし暑い日が続きますね。夏着物というのは着ている人を傍で見ている人が涼しい気分になれるのであって、着ている本人は暑いのだと言った人がありました。本当にそのとおりだと存じます。ですが暑いからといって着るのを諦めてはなりません。せっかく縫い上げていい気になっているのに結局着ないのでは手間と時間を損したことになります。私は損をするのは大嫌いです。損をするくらいなら体重がガタ落ちしようと、たとえ熱中症で倒れようと、汁が撥ねるのがこわくて冷やし中華を食べられなくても、意地と根性で着るのです。この資本主義の世の中、損得勘定は大事です。能天気に生きていてはいけません。何が損なのか得なのか、しっかり見極めることが肝心なのです。

 

糸之舞(しのぶ)

お読み頂きありがとうございます。 ランキングに参加しています。クリックで応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村