針山地獄からこんにちは

着物縫ってます。宇宙行って無重力ファッションショーしたいです。

何も考えない

 前回ちんこを切る話をしたのでその関連で。「最後の1本~ペニス博物館の珍コレクション~」という映画があります。

 アイスランドにペニス博物館というのがあり、そこにはあらゆる動物のペニスが展示されています。ここの館長さんは中学校の校長先生もなさっていて教育的な目的でペニスの標本を展示しており、ペニス博物館という名前のインパクトとはうらはらに別に淫らなものではありません。この博物館、動物のペニスは多数収集されているのですが人間のペニスだけがないのです。コレクションを完成させるためにぜひとも人間のペニスが欲しいと、提供者を募ります。そこで立候補したのがアイスランド人のアラソン氏とアメリカ人のミッチェル氏でした。この二人のうちどちらのペニスを採用するかを決めなければならず、その過程を追うドキュメンタリーなのですがこのアメリカ人の方のミッチェル氏というのが、とにかくぶっとんでいます。いろいろとぶっとんだことをやらかすのですが、全部書くとネタバレになってしまうのでとりあえずひとつご紹介すると、ペニスにタトゥーを入れます。図案は星条旗です。自分のペニスが展示された時に星条旗がついていると面白いと思う、愛国心を示すのだと語っていました。山に登った時などに山頂に国旗をたてることはよくありますが、それと同じようなものでしょうか。愛国心っていったいなんなのでしょうね。まあともかくそんなわけでミッチェル氏のペニスにはアメリカの国旗がついています。

 

 国旗と言えば思い出すのが乙女のバイブル、嶽本野ばら様の下妻物語の白百合イチゴの特攻服です。右腕に日の丸の腕章、左腕には「U.S.ARMY」と書かれた腕章をして、お前はどっちの味方なんだ?戦時中なら両方から殺されるぞと桃子にツッコミを入れられています。もともとイチゴは頭の不自由なヤンキーではありますが、ここまで何も考えない国旗の纏い方をしているとあっぱれとしかいいようがありません。私はこのくだりが非常に好きなのですが残念ながら映画版で土屋アンナが着ていた特攻服にはよく見ると胸元に日の丸はついているものの、腕章はついていませんでした。ただ単にカットされただけかしら。それとも倫理的な問題でもあったのでしょうか。

 

 国旗なんてものは国家の象徴であるからして、本来ならばちんこに彫ったりやってはいけない組合せでお洋服にくっつけたりしてはならないという人もあるはずです。ですが国旗といえども結局はただのデザインに過ぎません。勝手に愛国心を投影するもよし、何も考えずになんとなく身に付けるもよしなのです。ちなみに私は旭日旗のデザインが好きです。日章旗よりもシブいと思いませんか。お太鼓のところが旭日旗の柄になっている名古屋帯が欲しいのです。何の思想も持ち合わせてはいませんし、歴史的なこともよく分かりません。1192つくろう平安京と言ったビリギャルを笑えないくらいには年号と出来事がごちゃごちゃになり、テストで分からないところは「サンバルテルミの虐殺」とか「ブラックリベリオン」とかうろ覚えのそれっぽい単語を書いて空欄を埋めておりました。こんな私の頭ではどうせ複雑な事情など分かるわけもないので、頭からっぽのまま旭日旗の帯をしめてみたいのです。いろんなお考えの方がいらっしゃるとは思いますが、もし旭日旗の帯をしめた私にどこかで出くわしても警戒なさらないでくださいませね、しょせん頭からっぽですから。

 

糸之舞(しのぶ)

お読み頂きありがとうございます。 ランキングに参加しています。クリックで応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村