針山地獄からこんにちは

着物縫ってます。宇宙行って無重力ファッションショーしたいです。

人に教えるって難しい

昔読んだ話なのでうろ覚えなのですけれど、踊るムカデと意地悪なカエルのお話。

 

あるところに踊りの達者なムカデがおりました。たくさんの足を使って見事に踊ります。それが気に入らなかったカエルはムカデに話しかけました。「ムカデさん、あなたの踊りは素晴らしい。ところでお伺いしたいのですが、あなたはどうやって踊っているのですか?

まずは3番目の足をあげてから、5番目の足をあげるのですか?それとも2番目の足をあげてから8番目の足をあげるのでしょうか?」

そうきかれたムカデは自分がどうやって踊っていたのか分からなくなってしまい、踊ることができなくなってしまいましたとさ。

 

私は縫い物や編み物をするのですけれど、このムカデみたいなところがあって、運針や手編みをどうやってやっているのかと聞かれると分からなくなってしまいます。

聞いてくる人は別にこのカエルみたく意地悪で言っているわけではないのだけれど、「人差指の位置はどこですか?このとき親指は曲げているのですか?」などと聞かれると私は自分がどうやっていたのか途端にわけがわからなくなるのです。

私はいったい何をやっているんでしょう。そしてどうしたら人にわかってもらえるんでしょう。

 

糸之舞(しのぶ)

 

 

お読み頂きありがとうございます。 ランキングに参加しています。クリックで応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村