針山地獄からこんにちは

和裁士くずれのたわごとです。

月旅行と重力と死んだあとの話

 前澤社長さんが月旅行に行かれるそうですね。アーティストを何人か連れて行かれるそうですが、私は無理でもどなたかファッション関係の方を連れて行って頂けたら嬉しいのです。もしかしたらその方が宇宙でファッションショーをしようとか考えて下さるかもしれませんし。そうしたらいずれ便乗させていただくつもりです。自分で一からやるより便乗する方が楽なのは間違いありません。しかしいずれは私も宇宙無重力ファッションショーのインスピレーションを得たり色々構想を練るために宇宙に一度行かなければと思ってはいるのですが、お金がかかるものですからなかなか下見に行く目処が立ちません。月旅行の費用についてはまだ明確な回答がないようですが、現在売り出されているらしい4分間無重力状態になれるという宇宙旅行の費用だって2500万位かかるそうですから、とんでもない金額なのは間違いありません。ですが値段のついたものというのは、よっぽどのことがない限りいずれは安くなっていくものです。海外旅行だって庶民は手が出せなかったのは昔のこと、今では学生だって安いツアーで行ったり、懸賞で当たったりしているのですもの。将来的には卒業旅行月にしない?とかいう学生さんや、宇宙旅行、当たる!とかいう懸賞が出て来てもおかしくはありません。というよりそうなって欲しいものです。

 そこまで行くには、まずは頭のネジのおはずれになった一部の大金持ちが大金をつぎ込み、一通り事故が起きて安全対策が強化されたもののイメージダウンのため値下がりし、まあ安くなってこれくらいなら、安全面も少しはマシになっただろうしとちょっと思い切りのいい小金持ちが手を出し、だんだん行く人が増えてきたところで旅行会社が安いツアーなどを組み始めて庶民がぼちぼち宇宙に行くようになる、という流れになるのではないかと予想しています。私もいずれ思い切りのいい小金持ち枠で行けるように頑張りたいので、今は頭のネジのおはずれになった大金持ちの方にぜひ頑張って頂きたく存じます。月を周回して無事に帰っておいでになるよう願っております。

 月に関して忘れられないのが、萩尾望都の「スター・レッド」のエルグが酒場で飛びあがるシーンです。エルグは反重力ベルトをつけていて、それでみんなエルグのことを月から来たのだと認識します。本当は月から来たわけではないことが後から判明しますけど。月は地球ほど重力がないため、月育ちは地球に来ると重力負けするので反重力ベルトを着けているということに、スター・レッドではなっています。まだ月で人類は育っていないので、本当に重力に弱い人間が育つのかどうかは分からないでしょうが、ありえそうな話で、萩尾望都というのは想像力の化け物かと思いました。そしてこの月世界人は重力に弱いという設定とエルグが飛びあがる絵を見られたことで、そうだ今私がいる重力がある地球という星がこの世のすべてではないのだ、体が重力から解放される可能性だってあるんだということに思い至って目からうろこが落ちました。私は服というものを宇宙に持って行って重力から解放してみたいのです。そうしたらどんな見え方をするのか、まだ分かりませんし私の貧相な想像力ではまだ考えられないことも沢山沢山あります。ですがやるだけやってみればもしかしたら、布を重力から解放してみたらこういう風になるのか、重力があることを前提として地球で着るためにデザインするだけが服の作り方ではないのだというように目からうろこを落として面白いものを生み出す、次の世代のアーティストも出て来てくれるかもしれません。そうなってくれたら、きっと楽しいのです。たとえ私が死んだあとの話になるとしても、考えるだけで愉快なのです。

 

糸之舞(しのぶ)

お読み頂きありがとうございます。 ランキングに参加しています。クリックで応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村

生まれて、すみませんって謝ってもしょうがない

 絽の季節が終わったので、祖母の踊り衣装だった単衣の着物を着ています。この着物のことは前にちょっと書きました。 

hariyamajigoku.hatenablog.com

  着るとこんな感じです。

f:id:roneve27:20180918234256j:plain 

 古いもののわりに状態が良かったので、結構綺麗に仕立て直すことが出来ました。と自画自賛してみます。着付けの前に、仕上がった着物に仕上げのアイロンをかけるのが好きなのです。縫い目に沿って布が落ち着くようにかけていきます。

 今は電気のアイロンが主流ですから、私も市販の電気アイロンを使っています。アイロンも好きですが、昔の火熨斗というものを一度使ってみたい願望があります。アイロンをかけると言わずに火熨斗をあてると言ってみたい。そう言うためだけに火熨斗を買ってみようかと思って調べてみると、レトロ物で思ったよりも安くで出ていました。びっくり。お金が入ったら買おうかしら。それにしても火熨斗って言葉の響きが素敵。

  火熨斗に限らず死語っぽい単語や読み方や言葉の使い方全般にときめく性癖が私にはあるのです。薔薇はばらと読まずにそうびと読みたいし、ベルベットは面倒でも天鵝絨と書いててんがじゅうと呼びたい。クリスマスは降誕祭と言いたいし、外国はとつくにと読みたい。性格がいい、というのを気立てがいい、とちょっと古風に言ってみたい。なにかものを聞くときはいいですか、ではなくてよろしくて、と声をかけたい。けれど自分の性癖に従って言葉を発していては、「は?何それ」と言われ会話がいちいち止まってしまいますし、痛い人になってしまいます。たまには面白がって下さる方もいるので、そういう場合は私の好きなように話します。もしかしたら気を遣って面白そうにして下さっているのかもしれませんが、気を遣わせているかもしれないからこっちも気をつけようとかなんとか考え出すとキリがありませんから、相手の方の気遣いについてはあえて考えないのです。ですがそういう方ばかりではありませんし、何言ってんだ?という顔をされたことも一度や二度ではありません。言葉は他人に通じなければ意味がありませんし、会話はスムーズなのが一番ですから、相手によっては自分の性癖を抑えて今の言葉で話すのです。多分生まれる時代を間違えたのでしょう。生まれてしまったものは仕方ないので、何とか生きていくしかないのです。

 

糸之舞(しのぶ)

 

お読み頂きありがとうございます。 ランキングに参加しています。クリックで応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村

わらべうたの夢

 子どものころの夢を見ました。歌っていました。題名は知らず、歌詞も全部は分からないので間違っているのかもしれませんが、田芋はいくらでござんす、一銭五厘でござんす、すちゃらかもちゃらかすってんとん、とかいうような歌を歌っていました。一銭ていくらのことだっけと気になって、調べてみたのですが円の百分の一だそうですね。厘は銭の十分の一だと知ってへえと思いました。ニュースで為替と株の値動きですと言って何円何銭、と読み上げられているのを聞いてはいても興味が無かったので、本当はいくらなのかよく分かっておりませんでした。調べてみてよかったのです。単位を新しく覚えて、ひとつお利口になりました。

 単位といえば私が和裁を始めた時は尺法で習ったので、着物を縫う時は尺の物差しを使っています。尺の単位、さっと言えますか。私は言えませんでした。十厘で一分、十分で一寸、十寸で一尺、十尺で一丈です。尺の単位を頭に叩き込みながら物差しを眺めて、かの有名な一寸法師はこの大きさだったのか、呪いの藁人形に打ち込む五寸釘はこれくらいの長さなのかと実感しておりました。和裁をやる人にもいろいろあって、尺で寸法をとる人もいれば㎝でとる人もいます。慣れた方だと頭の中で瞬時に尺と㎝を換算する超人技を身に付けていたりもします。最終的にきちんと着られるように仕立て上がればいいのでどちらでもかまわないのですが、物差しを眺めながらいろいろなことを考えられたので、尺で習えたことは面白かったのです。

 盗人にも三分の理の三分って結構小さいな、一寸の虫にも五分の魂というから、盗人の理は虫の魂よりも軽いらしい。舌先三寸というけれど、三寸って案外長い。一寸先は闇ってほぼ視界ゼロ。そういえば尺取虫ってなんの幼虫なんだろう。

 今日も尺の物差しを手に縫い物をするのです。

 

糸之舞(しのぶ)

お読み頂きありがとうございます。 ランキングに参加しています。クリックで応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村

子ども好きの謎

 たまに「子どもは好きですか?」とか聞かれることがあります。一応私も20代の女子なので、これから出産して子育てしていくことを社会から期待されているようですから、まあ嫌いよりは好きな方がいいだろうということでこういう質問をされているのだと存じますが、いつも答えに困ってしまいます。子どもにもいろいろいますから、好きになれるかどうかは相手の子どもにもよります。大人でも好きなタイプとか相性のいい人っているでしょう。それと同じです。私が好きなタイプは男の子ならアニメやらカードやらのわけのわからないことを延々としゃべってくる子、女の子ならリリアン編みや折り紙なんかのちまちました遊びを好むような子です。そういう子は一緒に過ごしていてこちらも楽しいのです。逆にみんなでおままごとしようとか言うような女の子はちょっと苦手ですし、やたら走りまわるめちゃくちゃ元気な男の子も苦手です。でも別にそのタイプの子どもを毛嫌いするわけではありません。泣いてればあやすし危険なことをしようとしていれば止めます。好き嫌いとは関係なく人として当然です。ですが子守という行為が特別好きなわけではありません。子守よりも好きなことが私にはたくさんあります。でもやらなければならないのならちゃんとやります。

 それと私が子どものころ、子どもが好き発言をする大人がいたのですが、当時の私はじゃあこの人は私が大人になったら好きじゃなくなるのかなと不思議に思いました。そうなるとこちらも幼いながらも、どうせあとから好かれなくなるならあんたなんかに好いてもらわなくて結構みたいなもやもやした気持ちになるのです。もちろんこの時はこういう気持ちを言葉に出来るだけの語彙がないので黙っているしかありませんでしたが、やっぱりその大人の人とはなんとなく関わりたくなくて、それとなく避けたものです。こういうもやもやした気持ちを思い出してしまうので、子どもが好きという言葉に は違和感を覚えるのです。

 そういうわけで子どもは好きですかと聞かれたら相手の子どもによりますと答えることにしているのですが、そう言うとなんだか子どもをえり好みするひどい奴みたく言われることがあって何だか不思議なのです。別に苦手なタイプだからと言って育児放棄するとか言っているわけでもないのに謎です。大人だって嫌いな奴にも挨拶くらいするし必要なら一緒に仕事もするでしょう。もし自分が産んだ子どもが自分の苦手なタイプだったとしても、そういうもんだと割り切って育てなきゃしょうがないんだろうくらいのことは分かっています。最低限の衣食住の保障と何かあった時の精神的なケアはしておいて、後はその子の人生で勝手に自分と相性のいい人を見つけて仲良くすればいいだけの話です。もちろん自分と趣味の合う子どもを授かったなら一緒に楽しく過ごせばいいのです。生まれながらの相性ってあるもので、そんなのこちらが大人で相手が子どもという年齢差があるからといってどうにかなるものでもないのです。どうにもならないことをなんだかよく分からない子どもが好きという言葉でごまかしてもやもやするより、面倒は見ますが好きかどうかは分かりませんとはっきり言うほうがよっぽど気が楽です。問題なのはそう言う私を否定してくる人がいることです。

 

糸之舞(しのぶ)

お読み頂きありがとうございます。 ランキングに参加しています。クリックで応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村

負けたくないと勝手に対抗心を燃やす

 「ちはやふる」ってまだ続いていたのですね。私が高校生くらいの時に話題になって、1巻2巻くらいは読んだのですが、もう39巻まで出ていたことを今日知りました。今どうなっているのか気になりウィキペディアで見たところ、結構面白いことになっているようですから、暇をみつけてまた読んでみようかしら。ちなみにウィキペディアによると現実社会の競技かるた浸透にも影響を及ぼしたそうですね。影響されるような奴は、自分もかるたをやれば青春を謳歌できるのではないかと勘違いするバカです。この手のバカはどこにでもいます。スラムダンクが流行ればバスケを始めるバカがおり、テニスの王子様が流行ればテニスを始めるバカがおり、ドラゴン桜が流行ればにわかに勉強しだすバカがいるのです。ですがこういうバカが居てくれないと世の中も回っていきませんから、バカにも多少の価値はあるのです。バカとはさみは使いよう。漫画を描くような方は、ぜひバカを上手いこと突き動かして頂きたいものです。私はそれを傍から見て笑いますから。

 私はバカではないので、かるたを始めて現実社会の動きに貢献したりしないのです。百人一首も覚えていません。ですが覚えておけばよかったと最近思いました。

 上方落語に「反故染め」というお話があります。実際に聞いたわけではなくテキストをさらっと読んだだけですが、百人一首が出て来るお話で、ちょっと感動してしまったのです。

 

お洒落な人が着物に百人一首の文句を染めました。仕上がって着てみると、胸のところに「こいぞつもりてふちとなりぬる」、袖のところに「わがころもではつゆにぬれつつ」、おしりのところに「けふここのへににほひぬるかな」、上前には「あふさかやまのさねかずら」、上前をめくってみると下前には「ひとこそしらねかわくまもなし」。

 

 このお話のどこに感動したかと申しますと、百人一首という古典の教養を惜しげもなく下らない下ネタに注ぎ込んでいるところです。だって百もあるのですもの。お勉強するのも大変です。なのに何たる教養の無駄遣い。こういうのって大好きです。私は無駄遣いしようにもそもそも教養がありません。ですが無駄遣いという行為が大好きなので、無駄遣いするためにも教養を身に付けなければなりませんね。とりあえず百人一首は覚えよう。他にも無駄なことに使えそうな教養ってないかしら。いつか「反故染め」にも負けないくらいの教養の無駄遣いの権化ともいうべき着物をデザインして、仕立てて着てみたいものです。私は結構負けず嫌いなのです。

 

糸之舞(しのぶ)

 

お読み頂きありがとうございます。 ランキングに参加しています。クリックで応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村

70歳までなんて働きたくない

 唐突に旅行欲が沸き起こり、旅先のヴェニスで美少年を見つけてストーカーしているうちにおっ死にましたという名作、「ヴェニスに死す」が好きなのです。原作は文章がやたらとくどくてところどころうんざりしながら読んだのですが、映画ではそんなくどさは省かれ、お耽美な雰囲気だけが凝縮されたようでうんざりせずに楽しむ事が出来ます。ビョルン・アンドルセンもいつまでも眺めていたいような美少年で目の保養に最適です。こんな美少年がいたらストーカーしたくなる気持ちも分からんでもない。美少年をストーカーするのは老後の過ごし方としては最高です。気持ち悪いけど。

 フォン・アッシェンバッハがそうだ、ヴェニス、行こうと思い立って旅行に行けたのも疫病が流行り出したヴェニスにだらだらと滞在してストーカーを続けられたのも、金のあるジジイだったからです。老後は金があるに越したことは無いですね。

 今、年金の受給年齢を引き上げるとか額を減らすだとかいうことになっているそうですが、嫌ですね。70歳まで働けとか言っているらしいですが、老体に鞭打ってまで働きたくないのです。それに少子化も止まらないようですし、この先どんどん子どもが減っては、子ども自体が少ないのですから美少年が出現する可能性も当然下がります。この先日本は年寄りは旅行に行く金もない、美少年もほとんどいない、地獄のような国になるのかしらとかつい考えてしまいました。大好きな映画なのに、こんな嫌なことを考えながら見なければならなくなってしまったのは政治が悪いせいですね。人の楽しみを台無しにしないで欲しいものです。しかし私の老後は本当にどうなるのかしら。

 

糸之舞(しのぶ)

お読み頂きありがとうございます。 ランキングに参加しています。クリックで応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村

髪事情いろいろ

 今年から自分で出来る日本髪というのを習いはじめまして、時間がある日はちょくちょく日本髪を結っております。こんな感じです。

f:id:roneve27:20180902214344p:plain

 

 日本髪は黒髪ロングで量が多いほうが綺麗にできます。ふっくらさせるために詰め物をたくさん使いますから、詰め物をきれいにくるむには地毛がたくさんある方が良いのです。私は髪の量がとにかく多いので、髪を切りに行くと美容師さんはたいてい「多いですね、軽くしますか」と聞いて下さいます。前は結構梳いてもらったりしていたのですが、今は日本髪のために量をキープしたいのです。ですから美容室に行くと私の髪は量が多くて洗うのも乾かすのも大変ではあるけれど軽くしないで欲しいこと、前髪は上げて高さを出すので短くし過ぎないで欲しいこと、そのままの黒髪でいたいので染める気もパーマをかける気も全くないことなどを説明しなければなりません。今日は休みだったので髪を切りに行きまして、初めて行った美容室だったのですが担当して下さった方が前に勤めていたサロンで少し日本髪をやったことがあるそうで、私の希望をスムーズに理解して下さり助かりました。すんなり分かって頂けることって珍しい。日本髪に限らず普通の和髪でも出来る方と出来ない方がいらっしゃいますしね。和のものをやっているかやっていないかというのは美容師さんの中でも個人差があるものです。日本髪を練習中ですと言うと、何それそんなの習えるんですか、と興味をもたれて美容師さんのほうから逆にいろいろ聞かれたこともあります。美容学校にもいろいろあるようで、学校のショーで和のものを少しやりましたという方から、そういうのは特にやっていないという方まで様々です。けれど皆様色々な経験をされているのでお話していると楽しいのです。

 別の美容室では、日本舞踊をやっているんですかと聞かれたことがあります。日本舞踊はやっていないと言うと、フラダンスを踊られるお客様のカットをした時のことをお話して下さいました。フラのダンサーは髪を伸ばすので、そのお客様もすごいロングで椅子に座ったときに毛先が床すれすれだったそうで、しゃがみこんでカットしたとおっしゃっていました。そういうことがあったので、私のことも踊りか何かやっている人かと思ったのだそうです。そういえばフラの方も黒髪超ロングですね。お手入れが大変そう。けれどフラダンサーの方のカットをする美容師さんも大変でしょうね。体勢がきつそう。

 私はそんなにフラダンスに興味があるわけではないですが、たまにイベントなんかで踊っているのを見かけます。日々お稽古に励んでいるダンサーさん達を讃えるのはもちろんですが、優雅に揺れるロングヘアを維持すべく頑張っている美容師さん達のことも同時に讃えるようになりました。美容室って本当に色んなことが学べます。

 

糸之舞(しのぶ)

お読み頂きありがとうございます。 ランキングに参加しています。クリックで応援して頂けると嬉しいです。 にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村